詐欺被害事案対応事務所ピックアップ[PR]


サポート相談窓口 24時間相談対応
詐欺にあってもあきらめないで!!
スタッフ写真
聞いてる住所に行っても事務所がなかった。電話が繋がらなくなった。
だからといってもあきらめていたら大切なお金と以前の生活は戻ってきません。
裁判にむけての証拠集め、請求する所在調べ、行方不明人調査等 手口によって調査方法は様々です。
当事務所ではアフターサービス万全に務め、案件によっては【弁護士・司法書士・行政書士・警察OB】と連携の上早期解決に導きます。


まずは無料相談にてお問い合わせください。

0120-907-520

メールでのご相談はこちら

詐欺被害事案対応事務所ピックアップ[PR]

サポート相談窓口 24時間相談対応
詐欺にあってもあきらめないで!!
スタッフ写真
聞いてる住所に行っても事務所がなかった。電話が繋がらなくなった。
だからといってもあきらめていたら大切なお金と以前の生活は戻ってきません。
裁判にむけての証拠集め、請求する所在調べ、行方不明人調査等 手口によって調査方法は様々です。
当事務所ではアフターサービス万全に務め、案件によっては【弁護士・司法書士・行政書士・警察OB】と連携の上早期解決に導きます。

まずは無料相談にてお問い合わせください。
0120-907-520
メールでのご相談はこちら

悪徳マルチネクステージ(株)の親会社

「Club Youwave」会員権の発行元
競馬ソフト「shadow」やバイナリーOPソフト「arrow」の提供元

これらの情報商材を連鎖販売取引で販売しているのがネクステージ(株)。
事業者(株)W.I.G
代表者伊東 佳洋
電話番号03-5925-8982
URLhttps://w-i-g.jp/
住所東京都中央区晴海3-13-1

悪徳マルチネクステージ(株)の親会社の口コミ

  1. 20/03/20 20:58:32

    ソフトの中身はネット上で拾ったり安価で購入しもの。それを10万円以上で販売している。

  2. 20/03/25 11:48:05

    悪徳マルチネクステージ(株)、、(株)W.I.G許さん!!

  3. 20/04/08 23:27:17

    Club youwaveの会員(ネクステージの販売員)をW.I.Gのオフィス(タワマン)に連れて行くことで
    モチベーションアップという名のマインドコントロールをいていきます。

  4. 20/06/03 22:05:36

    人類のゴミ

  5. 20/08/30 22:07:35

    最近はバスケの試合や飲み会などの名目で集客し勧誘してるみたい。

  6. 20/11/29 07:40:14

    新型コロナで収益が減った事業者を国が支援する「持続化給付金」をだまし取った疑いで、山形県警は26日、天童市の夫婦を逮捕したと発表しました。

    詐欺の疑いで逮捕されたのは天童市中里の自称・ネットワークビジネス業、天井大輔容疑者24歳と妻の寿紀容疑者25歳です。警察によりますと2人は国の「持続化給付金」を騙し取ろうと企て、今年7月、中小企業庁に対しインターネットで嘘の申請をして100万円を騙し取った疑いです。2人は県内の男性会社員と共謀し、会社員を小売業などと偽る手口で申請を行っていました。給付金は会社員の口座に振り込まれ、2人は「指南役」として一部を受け取っていたと見られています。会社員が警察に届け出たことから犯行が明らかになったもので、捜査に支障があるとして警察は2人の認否を明らかにしていません。持続化給付金の不正受給が摘発されるのは県内では初めてで、警察は余罪があると見て調べを進めています。

    最終更新:11/26(木) 20:30
    さくらんぼテレビ 引用

  7. 21/03/24 20:25:22

    英国のブックメーカー(賭け屋)を利用した取引で利益が出ると勧誘し、受講料を支払わせるなどしたのは不法行為だとして、群馬県内の20代男女2人が、資産運用コンサルタント業のネクステージ(前橋市表町)と同社の男性社長ら4人に損害賠償を求めた訴訟を巡り、原告の弁護団は19日までに県庁で会見し、返金を請求した全額(約150万円)を被告側が支払うとする和解が成立したと明らかにした。和解成立は9月24日付。

    ◎「実質的ねずみ講」を指摘
     弁護団などによると、原告は2015~16年、同級生らである被告から「確実にもうかる」などと、ブックメーカー各社が提供するオッズ倍率の差を利用した取引に誘われ、取引について同社が開く講座の受講料(1人当たり75万6000円)を支払った。

     弁護団は、受講料として金を集め、多数の友人を勧誘した上位者に高配当する「実質的なねずみ講」で、日本で禁止された賭博行為への勧誘そのものが違法などと主張してきた。調査により、15年からの3年間で、誰も勧誘できなかった人が推計で約2500人に上る一方、5000万円以上得た上位者もいたことが判明したという。

     弁護団は、判決で原告の主張が認められたわけではないとした上で、支払った全額が返金されたことから、「(被告側が)一定の非を認めたものと評価する」とした。

     弁護団は群馬弁護士会消費者問題対策委員会の有志で構成している。   上毛新聞 より引用

口コミを投稿

送信する直前にチェックを入れてください

ユーザーからの情報提供に関しては、当サイトで悪質、悪徳行為の信憑性を保証するものではありません。

投稿内容についての削除要請はこちら

このページの先頭へ