詐欺被害事案対応事務所ピックアップ[PR]


サポート相談窓口 24時間相談対応
詐欺にあってもあきらめないで!!
聞いてる住所に行っても事務所がなかった。電話が繋がらなくなった。
だからといってもあきらめていたら大切なお金と以前の生活は戻ってきません。
裁判にむけての証拠集め、請求する所在調べ、行方不明人調査等 手口によって調査方法は様々です。
当事務所ではアフターサービス万全に務め、案件によっては【弁護士・司法書士・行政書士・警察OB】と連携の上早期解決に導きます。


まずは無料相談にてお問い合わせください。

0120-994-379

八戸で70代女性が200万円詐欺被害 保険料の還付金名目

 八戸市の70代女性が、保険料の還付金名目で、現金約200万円をだまし取られたことが15日、八戸署の調べで分かった。

 同署によると、同日午前9時半ごろ、1人暮らしの女性方に、市健康保険課の職員をかたる男から、「保険料の還付金がある」という趣旨の電話があった。

 その後、金融機関の職員を名乗る男から電話で指示を受け、現金自動預払機(ATM)を操作。関西地方の金融機関に開設された口座に合計199万8525円を振り込んだ。

 現金を振り込んだ後に被害に遭ったことに気付き、交番に相談した。

 市内では昨年末から、還付金名目の不審電話が相次いでいる。市消費生活センターによると、今年に入ってからは6日から問い合わせが増え始め、15日(午後4時現在)までに52件の相談が寄せられた。

 同署によると、15日は売市、沢里、長者、長根、根城地区などで、不審電話に関する情報が14件寄せられた。市内の無人ATMを中心に署員を配置して実施している広報活動は、今後も継続する予定だ。

引用元:デーリー東北新聞社
現在八戸で70代女性が200万円詐欺被害 保険料の還付金名目に関するより詳細な情報を募集しています。

ユーザーからの情報提供に関しては、当サイトで悪質、悪徳行為の信憑性を保証するものではありません。

投稿内容についての削除要請はこちら

このページの先頭へ